エコカー 魅力

エコカーの魅力

エコカーを選ぶとき、ハイブリッドと、エコスーパーチャージャーのどちらにするかは、どう決めるのか?

 

ハイブリッドは、トヨタのアクア、プリウス、ホンダのインサイトで、エコスーパーチャージャーは、日産のノートが代表車です。

 

トヨタのハイブリッドは、クラウン、グランビア、にまで搭載され、もうすぐカローラにまで搭載されます。

 

価格の幅が広がったため、購入しやすくなりましたね。

 

気に入った車に、エコカーがあれば、ハイブリッドでも、エコスーパーチャージャーでも、選んだほうが良いです。

 

購入価格は、値引きも少なく、高いですが、エコカー減税が帰ってきますので。

 

ガソリン代が高騰していますので、燃費とコストパフォーマンスを考えるなら、やはり、軽自動車が魅力的ですね。

エコカーの分類

プリウスが市販されて、エコカーブームを作りましたが、エコカーには分類があります。

 

第1のエコカーは、ガソリンと電気で動くハイブリッドカーです。

 

第2のエコカーは、電気だけで動くEV(エレクトリックヴィークル(電気自動車))です。

 

第3のエコカーは、軽自動車だけでなく、軽自動車に近い燃費の小型車、普通車です。

 

第4のエコカーは、クリーンディーゼルです。

 

第3のエコカー

第3のエコカーといえば、軽自動車が思い浮かびます。

 

しかし、小型車、普通車のガソリン車ながらも、エコ技術を活用して、ハイブリッドカーと同等の燃費を実現した車が、すべて第3のエコカーです。

 

ダイハツでは、エンジン、CVT変速機、ボディー構造を全面的に見直し、メカニカルロスをなくす、重量を軽くするという、細かい改良の積み重ねで、40%も燃費を改善させています。

 

サッカーの大友選手がCMしているマツダでは、、エンジン内の熱効率を30%以上上げて、燃費を20%以上向上させるというスカイアクティブエンジンを商品化しています。

 

全メーカのエコカーの魅力で採用されているのが、アイドリングストップです。

 

CVTの改良により、15から20%の燃費向上を達成しています。

第4のエコカー

クリーンディーゼルは、ガソリンではなく軽油を使います。

 

一昔前のディーゼルは、発進時、登り坂では、マフラーから黒煙を上げ、大気汚染の原因となっていました。

 

ディーゼル車の後ろには走りたくない、止まりたくないと思っていました。

 

からからというエンジン音がいやな方も多かったです。

 

今では、排ガス規制に合格するディーゼル車だけが、走れるようになっており、クリーンなイメージになってきています。

 

もともと、ディーゼル車は、燃費がよかったのです。

 

ガソリン価格が高騰していますので、価格の安い軽油を使うディーゼル車は、さらに有利です。

 

軽油が安いのは、需要が少ないからです。

 

海外から購入した石油を精製すると、ガソリンと軽油の両方ができます。

 

ガソリンの需要が多いため、軽油は余ってしまうのです。

 

売れ残った軽油は原価割れで輸出することになっています。

 

ディーゼル車の割合を増やして、ガソリン車と半分半分になると、ガソリンと軽油の両方が、すべて消費されます。

 

無駄なコストがなくなって、ガソリンも軽油も安くできるのです。

エコカーの自動車保険

エコカーの中でハイブリッド車は、ガソリン車より車両価格が高いので、万一の事故に備えて、車両保険をつけておきましょう。

 

ハイブリッド車は、充電用の電池が、車両価格が高い理由です。

 

充電電池が、事故で破損すれば、50〜100万円という修理費がかかる場合があります。

 

自動車保険の一括見積もりをとれば、プリウスに車両保険をつけても、3万円台の保険料で済む場合もあります。

 

自動車保険の一括見積もりの体験サイト